楽天のアフィリエイト料率の謎

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s

楽天といえば、アマゾンと並んでアフィリエイターが初めにお世話になるASPですよね。その膨大な品ぞろえと30日という長期にわたるクッキーの有効期間でまさに初心者にはうってつけのASPといえます。
ちなみにアマゾンはクッキー寿命24時間ですからいかに楽天が成果をあげやすいかお判りでしょう。

ただですね、アフィリエイターにとっての理不尽ネタである「承認率」同様楽天の場合は「料率」ってのがアフィリエイターをイラつかせます。

まずその料率の低さ。1%ですよ、1パーセント。鼻くそみたいなこの料率の低さ。たまりませんよね。そもそもアフィリエイターってのはそのASPにとって営業マンみたいなものでいろんなところで紹介されるからASPの商品が売れてるようなもんなんですよね、それがあなたの働きは商品価格の1%の価値しかありません。って言われてるわけです。低すぎますよね。

さらに、楽天が理不尽なのがどれだけ料率が高いショップの商品が売れたとしても、クリックされたショップと違ってたら強制的に料率が1%にされてしまいます。また、ウィジェットとかの自動で商品が切り替わるツールからの売り上げはどこのショップの商品だろうが1%です。

ショップの料率ってのはアフィリエイター経由でうちの商品がうれたら商品の〇%お支払いしますよというお礼の意味でそのショップが設定しているわけですよ、それを楽天が勝手にルールを決めてバンバン1%に落としてるわけですよね。これでショップからは正規の料率で徴収して、アフィリエイターには1%なんてことをやってるとしたら許されないことです。

まぁそれはないと信じて、できればもう少し料率を上げてもらいたいものです。ここだけの話、過去に楽天でゲームソフト1000本以上売れたのに報酬は5万円とかですよ。私がクッキーからA8やアクトレといったASPメインに方針変更したのは楽天の料率の低さに嫌気がさしたからです。報酬額は10倍以上になりました。楽天ももうすこしアフィリエイターを大切にしてくださいよ。。

スポンサーリンク
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする