サイトアフィリエイト クッキーとASP

31fd24f1a54c85af0109b25e3db435df_s

アフィリエイトの基本といえば、自分でホームページやブログを作って、そこで商品を紹介し、その商品が売れたら営業手数料として報酬が発生するという仕組みですよね。

では、どんな商品を紹介するのか?ということですが、おそらく初心者が一番初めにお世話になるのが「楽天市場」でしょう。

商品点数もべらぼうに多くて、よりどりみどり。それだけではなくて、紹介するサイトをいちいち全部登録する必要もなく、初めて参入する際の敷居も、アマゾンに比べるとはるかに低い。

さらにクッキーに対応しているので、紹介した商品以外の者が売れたとしても報酬が発生するという至れり尽くせりな感じです。

ただ、難点が一つあるとすれば、基本的に料率が「1%」ということ。これはつまり1000円のモノが売れたら1%の10円しか報酬が発生しないということ。単純にこの料率で100万円稼ごうと思ったら1億円もの売り上げを自分のホームページから発生させなければならないということで、これはなかなか厳しいものがあります。

楽天でアフィリエイトしていて、月に5万円稼ぐことができたらたいしたものではないでしょうかね?

料率のASPか?売りやすさのクッキーか?

料率の低い楽天に対して効果的に報酬を上げることができるのがASPと呼ばれるサービスです。「A8」や「アクセストレード」「リンクシェア」などが有名ですよね。

こちらは2000円の商品を紹介して決まったら2500円の報酬とか、500円のお試しセットを紹介して決まったら3500円の報酬なんてのもあります。私も一時期一気に報酬を伸ばすことができたのは、師匠からのアドバイスでそれまでのクッキー狙いからASPにシフトしたことが要因でした。

デメリットといえば、クッキーと違って、紹介したそのものが売れないと報酬が発生しないということですね。

料率を考えれば最強になるアマゾンと楽天

ここまで書くと、やはりサイトアフィリエイトを行うなら特化サイトを作ってASPの案件に絞って1商品を紹介した方がいいみたいですが、実は「楽天」や「アマゾン」でもきっちり調べて商品選定を行えばASPに負けない報酬が発生することがあるのです。

たとえばこれ。
img
今年の7月1日の楽天アフィリの報酬画面です。
一番下の浴衣ショップの料率は10%、しかも商品単価が高い。そのため75600円の浴衣が1着売れただけで7560円の報酬が発生しています。これが月に10件決まるだけで、報酬はなんと70000円を超えてきます。

アマゾンでも同様です。
amr
これを見ればわかるように服は8%の料率となっています。たとえば、楽天で売れたものと同じものがアマゾンで売れたとしたら6048円もの報酬が発生するわけです。

一般的になじみのある「楽天」や「アマゾン」でこれだけの報酬単価が狙えるという事実に着目している人って、実は意外と少なかったりします。安易に「高単価=ASP」という思い込みは捨てて、その時一番売りやすいと感じる商品がいったいどこにあるのか?

楽天にしかない場合はアフィリエイトの検索画面で「高料率順」にソートして一番料率の良いショップの商品を紹介するひと手間を忘れずにかけることで、ひょっとすると報酬をドン!と伸ばすことができるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする