アフィリエイト手法

a26f2fcc67a64714e66054541e53eaab_s

アフィリエイトを行う手法。アフィリエイト初心者から一歩踏み込むとアフィリエイトには様々な手法があることに気づくでしょうね。もちろん基本はサイトを立ち上げ、記事を書いて商品を紹介する。これが大前提です。これはその先の話。

たとえば森の中に一軒家の店を出してもお客さんは来ないように、アフィリで結果を出すには自分のサイトに人が来てくれなければ何の変化もおこりません。まずは自分のサイトに人を呼び込むことが大切で、そこにいろんな手法が生まれます。

自分のサイトに対して被リンクを送りクローラーを回して順位を上げる方法、ペラサイトを量産して力技でアクセスを稼ぐ方法、ランキングサイトを利用して・・・等々何通りも方法があります。重要なのはその方法が今現在有効なのかどうかってことです。

先日知り合ったアフィリエイターの男性、ある商材で月70万以上いっていたのが突然5万円レベルに落ちたそうです。集客方法を聞くと関東のとある塾でおそわった方法でアクセスを上げていたそうです。その方法がGoogleのアップデートにひっかかり、インデックスを飛ばされアクセスが激減したようです。まわりにはこんなアフィリエイターが数名。

その当時はそれが正解だったはずです。実際結果が出ていましたからね。ところが今同様の手法でアクセスアップを狙うと高い確率で検索エンジンからふっとばされてしまいます。SEOかけて順位トップを狙うにしても、ロングテールでアクセスを稼ぐにしてもやはりGoogleの動向を抜きにしては語れないのが現実です。

では今現在Googleがどんなサイトを認めているか。稼いでいるアフィリエイターはすでに知っているはずです。

とにかくコンテンツ重視

これがいまのGoogleに認めてもらう唯一の方法です。サイトを見に来る人の目的は情報の収集です。どれだけ有意義なユーザーの役に立つコンテンツをサイトに含んでいるか。そこが一番重要です。被リンクをもらうにしても自作自演はすぐ見破られます。本当に優秀なサイトなら被リンクは自然と増える。それがGoogleの考え方です。記事のリライトも厳しくなってくるでしょうね。検索結果に似たような内容の文章は必要ないんです。Googleはあなたが思っているよりもずっと賢く、厳しく、柔軟です。ユーザーの役に立つパワーサイトをこつこつ作る。これが一番大切な部分です。

アフィリエイターと企業

非常にめんどくさい、そして時間と労力のいる上記のようなサイト作り、すでに始めているところがあります。それは「企業」です。
先日私のアフィリの師匠と酒を飲みながら行ったアフィリ談義のなかで師匠から怖い話を聞きました。誰もが知ってる大手企業が本気でアフィリエイトに取り組んでいるというのです。アフィリエイターに商品提供をおこなうクライアントとしてではなく、「アフィリエイター」としてサイト作りを行い収益を上げ始めているというのです。

企業がアフィリエイトを認める。これが私たちアフィリエイターにとって朗報なのは商品提供を行ってくれる場合の話です。もし企業が私たちと同じ場所でアフィリエイトをはじめたらどうなるでしょう?相手は企業です。完全にビジネスとしてとらえています。広告予算もかけるし人員もそろえるでしょう。そうなると私たち個人アフィリエイターは全く勝ち目はありません。唯一なんとか張り合えるかもしれない方法が「コンテンツ重視のサイト作り」なんです。ぺらサイトとか大量被リンクとか小手先でアクセスを稼ぐ方法なんか企業が本気で作るパワーサイトのまえには吹けば飛ぶような紙屑のようなものです。

いずれそんな時代が来る、そしてそれは遠い未来では決してないということをアフィリエイトを始める人も現在稼いでいる人も肝に銘じておく必要があるのではないでしょうか・・・

追伸:
私の師匠のサイト「G-outfitter」
自由奔放な師匠ですが人とのつながりを大切にできる尊敬できる一流のアフィリエイターです。

スポンサーリンク
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする