アフィリのことはアフィリエイターに聞け

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

昨日は私のアフィリエイトの師匠、第一線で稼いでいるアフィリエイター2名、他数名で韓国すき焼きをつつきながらうまい酒を飲んできました。
アフィリエイターの方は私も以前お会いしたことのある方々でしたので突っ込んだ話も出来、とても楽しい時間を過ごすことができました。
そこで「今明らかにアフィリエイターにとって追い風になっている」という話題が出ました。各企業が自社製品を販売するにあたってアフィリエイトというものに注目が集まっているというお話でした。

実際に長期間アフィリをやっている方なら実感していると思いますが、昔はASPさんの扱っている商品は聞いたこともないメーカーの化粧品やサプリなんかが多かったのですが、現在では大手化粧品メーカーや薬剤メーカー、ファッションメーカー、だれもが知っている大企業が当たり前のようにアフィリエイトに参入してきています。それに加えアフィリの実績がある人にはASPからバンバン電話が入り、特別単価をだすのでこの商品を掲載してくれませんか?という問い合わせがひっきりなしです。

実はこの部分がとても重要で、売り手にとってアフィリエイターは給料等の経費が掛からず、モノを売ってくれて、売れた時だけ歩合のような形で報酬を払えばいいというメーカーにとってとても都合のいい営業マンなのですが、中間に入るASPさんにとっては売れれば売れるだけメーカーからお金が入るのでとにかく優秀なアフィリエイターに肩入れすることになります。

つまり、これだけアフィリエイターにとって追い風となっている状況でも、実績を作れないアフィリエイターに用はないというわけです。少なくともサイトが作れ、キーワードを考え、アクセスを集めアフィリエイトという形で商品を紹介でき、ユーザーがそのサイト経由でものを買ってくれる。そんな基本的なことができないアフィリエイターには興味ないということですね。確かに、月5000円しか稼げない営業マン、そんな人間は普通の会社ではクビですわね。

あとね、アフィリエイターにとってこういう集まりって金銭に代えがたい情報収集の場なんですよね。アフィリ塾に入ったり、アフィリの情報商材を購入したりして頑張っている人がある程度結果が出始めたとき、一番大切なのはアフィリで稼いでいる成功者に会うことだと思います。自分の知らないこと、今の自分からステップアップするためのヒント、そんなものが必要になってきているはずですから、稼いでない人同士で集まって酒飲んでもうさばらししかできません。たとえ酒の席であっても質問し、学び、吸収する。そのために機会があるなら許される限り出かけて行って親睦を深めるというのは、自分自身大きく助けられた経験があるので、とても大切なことだと思っています。
アフィリエイトのことは稼いでいるアフィリエイターに聞く。これは鉄則ですね。

スポンサーリンク
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする